シアターリミテ

シアターリミテ|京都を拠点に活動する演劇集団

シアターリミテ 第25回公演「カミと蒟蒻」

茨城公演も【満員御礼】のうち、
無事終了いたしました。
ご来場いただきましたお客様、
応援いただいた皆さま・スタッフの皆さま
本当にありがとうございました。

お知らせNEWS

公演情報NEXT STAGE

第25回公演(京都・茨城)
『 カミと蒟蒻 』

「僕は生きたい 生きて再び この京都に帰ってきたい だから死ねないのです」

終戦間際の昭和19年10月25日。
逼迫する戦況を逆転するため神風特別特攻攻撃隊が体当たり攻撃を開始した日。
大本営は起死回生の秘密兵器、風船爆弾の放球を企てた。
材料は和紙と蒟蒻糊。

そして、その製造を担ったのは勤労動員された女子学生だった。
2016年に初演し、各方面から好評を得たオリジナル舞台の再演。
今回は風船爆弾を製造した京都と、放球の地、茨城県で初めてのツアー公演開催。
劇団員は、75年前の当時を想起し、自らの身を舞台に晒すことができるのか。
是非、劇場にお越しください

※茨城公演 各回30席限定です

カミと蒟蒻 京都公演

作品概要Story

    • フライヤー表

      ↑クリックするとダウンロードできます

    • 公演写真

    「カミと蒟蒻」

    作・演出 長谷川 源太

    出演:本庄 ひとみ/山本 直之/長谷川 源太/郷 加寿美
    舞台監督:西川 健一 照明スタッフ:渡辺 佳奈 音響スタッフ:道野 友希菜
    デザイン:松井 栄里、中村 千恵 美術衣装:相田 春香 制作:シアターリミテ
    制作協力:柴崎 真由 小島 謙一 佐藤 信郎(演劇事務所’99)

    みどころ

    3年前の初演では、各方面から高い評価を頂いた本作。
    特にあの時代を生きてこられた年配の方々は、複雑な想いで作品を鑑賞されたようだ。
    実際、この作品を制作するために、風船爆弾製造に携わった元女学生の方に取材を受けていただいた。
    紙と蒟蒻で、本当に戦況を逆転できると思ったのか?
    「単純に信じてしまったのね」
    笑顔で答えていただいたのことが、妙に脳裏に焼き付いた。
    あの風船爆弾が放球された昭和19年から、今年で75年。
    昭和から平成。そして新しい元号を迎える。
    この3年の間に、あの元女学生の方もお亡くなりになった。
    遠い記憶になっていくあの狂信性を、私たちの劇団は、観客の皆さんとどこまで追体験できるのか。
    それも、風船爆弾を作った京都と、それをアメリカに向けて放った茨城の地で、リアルなドラマとして再現できるのか。
    私たちリミテの夏休みの宿題です。
    是非、京都公演は東山青少年活動センター、茨城公演は水戸の稽古場風にお越しください。

    後援

    京都府、京都市、茨城県、水戸市

    助成

    公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団

    京都市芸術センター制作支援事業

日時・会場schedule

シアターリミテ

◆茨城公演◆

公演日程 2019年9月14日(土)15:00
    9月15日(日)11:00/15:00
    ※各回30席限定
場所 稽古場風
アクセス(茨城県水戸市新庄3-4-5)
入場料事前予約:2,000円
 (当日:2,500円)
全席自由・日時指定
  • 未就学児の入場はご遠慮ください。
  • 予約状況によっては、当日券が無い場合があります。
  • 開場は開演の30分前です。

お問い合わせ

お名前必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
電話番号
内容

【※ご注意ください】
ご予約・お問い合わせを正常に受信いたしますと、当劇団より自動返信メールを送信しております。
受信されていない場合、お問い合わせが受け付けられていない可能性がございます。

携帯メールの迷惑メール防止フィルターをご利用の場合は、(@ltd-exp.jp)をフィルター解除してからお送りください。 ※設定方法は機種により異なります為、ご契約の携帯電話会社にご確認をお願いします。

プライバシーポリシー

シアターリミテ(以下「当劇団」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底し、個人情報の保護を推進いたします。

個人情報とは
個人情報とは、氏名、住所、電話番号、Eメールアドレス等の、特定のお客様個人を識別することができる情報をいいます。
個人情報の利用について
皆様からお預かりした個人情報は、当劇団からのご連絡やご案内、およびご質問に対する回答として、お電話や電子メール、資料のご送付に利用いたします。
個人情報の利用目的について
当劇団は、皆様よりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
1.本人の同意がある場合
2.本人が希望されるサービスを行なうために当劇団が業務を委託する業者に対して開示する場合
3.法令に基づき開示することが必要である場合
個人情報の管理について
当劇団は、お客様からご提供いただきました個人情報は適切かつ慎重に管理し、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏えい等を防止するために必要かつ適切な対策を実施いたします。
当劇団の姿勢
当劇団は、お客様の個人情報の保護に関する日本の法令および規範を遵守するとともに、本ページの内容を適宜見直し、継続的な改善に努めてまいります。

ミニシアターのような独立性と表現性の高い舞台を追求。

社会人劇団として、同年代の大人の観劇に耐えうる社会性と娯楽性を追求した舞台を目指しています。
一見分かりやすそうでありながら、すべては分からない。
映画で言えばシネコンのような大衆的なものではなく、
ミニシアターのような独立性と表現性の高い舞台を追求しています。

シアターリミテ 主宰 長谷川 源太